然、50トンの金に相当する株式を急送しました。

これは実際には革のバッグ会社であり、アイドルで退屈しているバディが、彼を日本に誘って遊びたいと言っているのでしょうか?

彼は本当に彼を欺いて、彼と遊ぶなら、彼は抵抗することができません。彼は虐待された後にのみコーナーを見つけることができます。彼は

ルバンIIIの中心にいます。頭の中では、モスクワでシュウ?ユンウェンがダイアモンドマンに変身したシーンがありましたが、彼はhelp然とせざるを得ませんでした、シャオバオ?ミンジーはうなずきました。

シャオ?バオミングの言葉を聞いて、ルバン3世は鼻を鳴らしました。しばらくheした後、シャオ?バオミングの正義の肩に手を伸ばしました。小島さん、私よりもよく知っています。秘密を教えてくれますか?この会社は信頼できますか?それはバッグ会社ではありませんか?

Xiaobao Mingyiはその言葉を聞いて、安reliefのため息をついた後、彼は黒い線を見て、Lubang IIIを静かに見ました。はい、ユンウェンの成人が51%を占め、その後、スズキコンソーシアムが10%を除いて、この投資会社の株式を所有することを忘れました。 10、私たちはキルギスタンに住んでいて、10%を占め、残りの19%はユンウェンの大人と鈴木コンソーシアムによって一時的に

聞かれましたが、ルバン3世はこれを聞いてディユアンダスケと見ました。

わかった!これは興味のあるコミュニティではありません!

長い間、司祭はこのトリックを使って彼らを描きます!

しかし、彼にとってこの事は、良いことのように見える

ああ開始する宝物ではなく、神経を生きるだろうほんの少し同情、以降遭遇スズキ財団キルギスタン場合!

Lubang IIIの中心で、最大300のIQがすぐにすべてを明確にした後、うなずきました。

Xiaobao Mingyiはその言葉を聞いてすぐに尋ねました。ルバンさん、何時ですか?ユンウェンの大人は、できるだけ早く持分契約に署名するように頼むことを意味します。

これは、ルバンIIIが熟考し、次の月曜日に始まりました!私はまだアメリカ側で対処すべき些細な事柄がいくつかあり、忙しいときに日本に急いで行きます。その日に署名された契約の時間と場所については、私たちが決めましょう!

はい、ルバンさん。シャオ?バオ?ミンジーはうなずいた。

双方がビジネスについて話した後、しばらく話をした後、部下が急いでやって来て、Xiaobao Mingyiにお辞儀をしまし

Back to Top