気持ちを表して、直接戸口を開き、スムーズに微笑んだ。「結婚するそうですので、必ずお知らせください。 「

それはまだ早いですが、その時に結婚式の飲み物を持っていることを間違いなくお勧めします。」西安サウナは微笑んで答え、そして入りました。どのテレビ局もゴシップであることは驚くに値しません。幽霊はその方法を知っています。このように合格!

志賀あゆみさんの事務所に直行し、志賀あゆみさんに会って直ぐに挨拶をすると同時に、30代の男性と向かい合った。

滋賀あゆみは彼を彼の側室から歓迎し、拒むことなく旅行の贈り物を受け取りました-それは彼を妨げませんでした、そしてそれは贈収賄ではありませんでした。西安のサウナはたくさんのボロボロを買って、どこにでも送り、それからお互いを紹介し始めました: 「真田さん、これは局を担当する西安サウナの先生です。銭源先生、これは真田優上です。とても良いプロデューサーです。あなたたち2人は多くの共通言語を持っているに違いありません。」

西安サウナ幸いなことに、西安桑拿论坛真田を見ると、鼻が少し鷲のようで、少し不吉な笑みを浮かべていましたが、それは30代の男性の黄金時代でした。彼は強くて活気に満ちていました。彼は全体的にかなりスマートで有能で、もう一度覚えていました。名刺交換の機会を利用して「あさごテレビの真田さんですか?」と笑顔で尋ねた彼は、

評価が良かったようで、あすげつテレビで人気の凶悪犯の一人だと漠然と覚えていました。

真田は西安サウナが若かったので名声を上げられなかったのは幸運だった。頭を下げて頭を下げて言った、「私です。銭元先生の名前を聞いたことがあります。今回初めて会えたことを光栄に思います。今後も銭元先生に面倒を見てもらいます。」

大きなお腹を持って、笑顔で抱きしめられた志賀あゆみ:「それは私自身のもので、それほど礼儀正しくないでください。」

私自身ですか?」西安サウナは驚いた、「それは可能だろうか」志賀あゆみは興奮して言った:「そうだ、真田すでにサンチームは関東ユナイテッドに入団することを決めており、彼は彼自身のものである!生産局の専門スタッフとして、千原氏は真田さんの将来の面倒を見るだろう」

「それは当然だ」西安サウナは微笑んで答えた。志賀あゆみが雇った強力な凶悪犯であるべきで、朝日テレビに行き西安桑拿たくなったら状況はますます悪化している。見る

Back to Top